■成分名

トラゾドン

■商品名

トラゾドン、レスリン、デジレル

■規格

25mg、50mg

■効能・効果

うつ病、うつ状態

■用法・用量

トラゾドンとして、通常、成人には1日75~100mgを初期用量とし、1日200mgまで増量し、1~数回に分割経口投与する。

なお、年齢、症状により適宜増減する。

■副作用

・鎮静作用が強いため、眠気が高頻度で起こります。(ただ、後述するようにその作用を活かす処方も多いです)

■特徴

・うつ病治療薬ではありますが、うつ病に対しての効果はさほど強くなく、効果をだすには高用量が必要になることが多いです。

ただ、鎮静や催眠作用が強いことから、不安や焦燥感が強く不眠のあるうつ病患者によく用いられます

・睡眠薬のなかには依存性が問題となるものもあり(特にベンゾジアゼピン系睡眠薬など)、その代替薬として適応外処方ですが就寝前に低用量で用いられます。

睡眠効果は長くなく、翌日への眠気の持越しは少ないですが、服用時間や年齢、体調により持ち越す場合もあり注意が必要です。

まずは、主治医や薬剤師と睡眠リズムなどを相談し、どのタイミングで服用すればいいのか相談するのがいいでしょう。